エクスタシークラブ関西でテレフォンセックス

ピンクトーク エクスタシークラブ関西
ピンクトーク エクスタシークラブ関西

8900

エクスタシークラブ関西

電話番号
18歳未満利用禁止
0676373935



エクスタシークラブ関西の特徴

エクスタシークラブ関西は、大阪のを含む関西圏の全てのツーショットダイヤルで最も多くの顧客が満足しているテレフォンセックスダイヤル。
この恐ろしく巨大な電話SMクラブの門が叩かれる回数、なんと一日約1,000回!電話SMクラブが初めての方からマニアまで包み込むサービスをぜひ体験してください。

エクスタシークラブ関西のテレフォンセックス体験談

エクスタシークラブ関西の女を調教するのは俺のライフワーク。だいたいの女は少し会話するだけで濡れている。ごく普通の会話の裏に少しずつ調教をちりばめ、いつの間にか欲情させる技術は一朝一夕では得られない。
さほど強制せずともだいたい7分後には女のほうから「○○さんのが欲しい。。」と言う。ここからがテレフォンセックスというか調教の始まりである。
今までよりも少し強い口調で「何が欲しいんだ!?」と言うと、おずおずと「ち・・・んぽ。。」と言う。
「聞こえない!ちゃんと言いなさい」M女に堕ちた女は観念して言う。「○○さんのチンポが欲しいの!」そう言った頃には身体はもっと反応して、マンコはぐしょぐしょだ。
「どこにほしいんだ。」 ここまでくれば素直に答える。「オメコに欲しいの!」
しっかりおもちゃを用意している優秀なM女の場合はローター、バイブのスイッチを入れ淫らな音と共に「おチンポ欲しいのぉ」などとおねだり。焦らされることで快感を得るので許可が得られるまで我慢させる。「お願い、欲しいの。。。」と言うので「ではそのローターをクリトリスにあてなさい」というと悦びの声が溢れる。「まだバイブを挿入してはダメだ。このままイッてもダメだ。」
あっさりイってしまうはたしないM女はイってもやめさせない。「もっと弄るんだ!ほら、ほしいんだろう」「ください、おちんぽくださいぃ!」「よし、バイブを入れろ!バイブを入れたまま俺のモノを舐めるんだ。」
まだまだ挿入はしない。俺たちの戦いはこれからだ。

エムジーアイへ

電話番号一覧
[あなたの地域のピンクトーク]

このページのトップへ