テレフォンセックスのピンクトーク テレフォンセックス講座 3

ピンクトーク テレフォンセックス講座
ピンクトーク テレフォンセックス講座 3

Q.どのようにしてテレフォンセックスに持ち込めば良いでしょうか?

A.相手の状況を聞きつつ、状況に応じて変化をつけ、徐々に過激な要求をしましょう。


テレフォンセックスにおいて、かなり良く使われるのが【なにしてる(た)の】【どんな格好してるの】です。この質問は女性側もよくされる質問で、だいたいここから進行します。
【なにしてる(た)の】と聞く意味は、相手が今どの程度興奮しているか探る為【どんな格好してるの】は、聞くことでイメージを膨らませると同時に、こちらが興奮できるかを確認する為です。
返答によっては既にテレフォンセックスの領域に入り、【なにしてたの】に対し【もう触ってる…】などが良い例で、そんな相手には【どこ触ってるの?】と聞いたり【こっちも○○の声聞いてから凄い勃ってる…】と応える事で、テレフォンセックスがスタートします。

会話例
男「ねえ、りなは今どんな格好してるの?」
女「え…白いキャミワンピみたいなの着てる」
男「良いね…そんなかわいい格好で何してたの?」
女「部屋で本読んでた…」
男「こういう所にかけてくるって事は、エッチな本?」
女「うん…レディコミ」
男「もしかして既にちょっとだけ触ってた?」
女「え…何でわかるの?」
男「声がちょっとエロいよ(笑)」
女「ほんと?恥ずかしい…」
男「かわいい」
女「…」
男「そんなかわいい声して、どこ触ってたの?」
女「…胸とか…下とか…」
男「りなはエッチだね…りなの声聞いてたら勃ってきちゃった…」

電話番号一覧
[あなたの地域のピンクトーク]

このページのトップへ